低燃費タイヤ特集

現在では、エコタイヤとは低燃費タイヤのことです。
今まで各メーカーのエコタイヤ表示のデータ等に関しては、各メーカー独自の見解によるもので、ユーザーに対して公平な情報提供が求められていました。
そこでデータ計測の統一的な見解や情報提供等について、業界自主基準として示されることになったのが「低燃費タイヤ」です。 
平成22年1月から導入が開始され、今シーズンは3ステージ目に入り、低燃費タイヤは毎シーズン変革が進み、カテゴリーの充実も勢い進んでいます。
但し、コンフォートタイヤやスタンダードタイヤのカテゴリーに比較して、性能の対極距離が著しいスポーツタイヤやスポーツコンフォートタイヤは、実現へのハードルがかなり高いと感じています。いずれにしても、全体としては「低燃費タイヤ」への進化は堅調であり、エコタイヤから「低燃費タイヤ」への移行は順調に進んでいます。「低燃費タイヤ」の性能要件は、タイヤのラベリング制度で転がり抵抗係数が「A」以上、ウェットグリップ性能が「a」「b」「c」「d」の範囲内にあるタイヤです。低燃費タイヤへの進化の構図は、タイヤ→エコタイヤ→超エコタイヤ→低燃費タイヤと示すことが出来そうです。

「低燃費タイヤ」ラベリング制度

ラベリングとは、平成22年1月より開始されたタイヤの「転がり抵抗性能」「ウェットグリップ性能」の等級をタイヤラベル・カタログ等に表示する制度のことです。この制度はタイヤ業界が業界自主基準として策定し、経済産業省、国土交通省が設置した低燃費タイヤ等の普及促進協議会が承認した制度で、転がり抵抗性能とウェットグリップ性能の両性能ともある一定値で表すタイヤを「低燃費タイヤ」として定義づけたものです。
タイヤラベリング制度の詳細については下記webをご覧下さい。

http://www.jatma.or.jp/labeling/outline.html

各メーカーの推奨タイヤ(主なメーカー) 2012年6月現在

▲ページの先頭へ